ホームページ

はすい動物病院

最近の記事

オムツ生活開始 (03/03)

朝食 (03/02)

ノミ・マダニ予防のすすめ (02/21)

建国記念日 (02/13)

PayPay (02/06)

記事テーマ

しつけ (2)

マロン&めめ&リル (36)

日記 (952)

(19)

病気 (117)

病院 (622)

趣味 (72)

お知らせ (118)

お役立ち情報 (7)

設備紹介 (4)

バックナンバー

2021年 03月

2021年 02月

2021年 01月

2020年 12月

2020年 11月

2020年 10月

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

気になること...

[ テーマ: 病院 ]

2009年12月26日08:32:00

ペットショップさんで購入した仔犬の検診時に確認するようにしていることの1つに食餌内容があります。

というのもペットショップさんから指示された量があまりにも少なすぎるケースがあるからです。

たとえば、生後2ヶ月前の仔犬にフード10粒を1日3回とか、カレースプーン何杯とか...。

最近では生後1.5月で体重350gのM.ダックスや生後5ヶ月なのに生後3ヶ月からずっと体重が850gのままのパピヨンなど栄養不良の仔犬が来院されました。

来院時は沈鬱で仔犬特有の元気さが感じられません。

そしてどちらもフードの量があまりにも少ない。

ゆっくりフードの量を増やすだけでどんどん元気になっていきます。

もちろん今後生まれつきの病気の可能性についても詳しく確認する必要はありますが、とりあえず僕はフードの量を粒数で考えたことはありません。

できればデジタル表示のキッチンスケーラーを用意してフードはグラム数を量ってあげることと成長期には定期的な体重測定を行い体重の増加を確認することが理想だと思います。

フードの量や回数について、また食が細くて悩んでいるなどありましたら是非獣医師にご相談ください。

スケーラー


この記事へのコメント (2)

あずきハハ   2009年12月26日 18:38:55

うちにも、この間フレブルがやってきました。先生の記事と同様に「スプーン三杯」といわれました。子犬なのにあばらが出てきて「もしかして、お腹の病気?」と心配でしたが、知り合いのトレーナーさんに「もっとごはんあげてみて。」といわれ、増やしたところ、どんどん太りだしました。今から考えると、スプーン三杯はおかしいですよね。いまは、こまめに体重をはかって、ちょっとずつごはんを増やしています。

院長   2009年12月27日 10:09:16

あずきハハさんへ

ご飯の量を増やすと少し軟便になることもあります。
お正月休みも近づきますので便や風邪の症状などに得に注意してあげてくださいね。

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。