ホームページ

はすい動物病院

最近の記事

改正動物愛護管理法 (06/01)

狂犬病 (05/23)

差し入れ (05/11)

ペンキ塗り (05/07)

14歳 (05/02)

記事テーマ

しつけ (2)

ココア&マロン&めめ (20)

日記 (936)

(19)

病気 (115)

病院 (607)

趣味 (68)

お知らせ (115)

お役立ち情報 (7)

設備紹介 (4)

バックナンバー

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

FIP

[ テーマ: 病気 ]

2010年1月8日19:05:40

猫の感染症の中で最も厄介なものの1つにFIP(猫伝染性腹膜炎)というものがあります。

猫コロナウイルスが原因で、胸腹水が溜まる滲出型(wet type)と目や神経症状を特徴とする非滲出型(dry type)に分かれます。

ワクチンなどの予防手段は無く、感染してもごく一部の猫でしか発症しないといわれていますが、もし発症してしまうとそのほとんどが死亡してしまいます。

しかも経験的には1歳未満の純血種の仔猫に滲出型の発症が多く、いまだ明確な診断・治療法が確立されていない為、診察においても非常につらい病気の一つです。

今日亡くなった仔猫も先日2回目のワクチン接種に来院された際、数日前より元気食欲が無く、食欲がない割にお腹が張っていました。

調べると典型的な腹水が貯留していて血液検査では黄疸もあり、FIPが強く疑われました。

大学などの研究機関でも治療法などが検討されていますが、早く効果の高い治療法が見つかって欲しい病気の一つです。

 

 


この記事へのコメント (0)

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。