ホームページ

はすい動物病院

最近の記事

コキア (10/15)

6周年 (10/12)

仔猫 (10/02)

お別れ (09/26)

まちたんけん (09/22)

記事テーマ

しつけ (2)

マロン&めめ&リル (43)

日記 (972)

(19)

病気 (118)

病院 (637)

趣味 (73)

お知らせ (121)

お役立ち情報 (7)

設備紹介 (4)

バックナンバー

2021年 10月

2021年 09月

2021年 08月

2021年 07月

2021年 06月

2021年 05月

2021年 04月

2021年 03月

2021年 02月

2021年 01月

2020年 12月

2020年 11月

2020年 10月

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

お薬だけ・・・

[ テーマ: 病院 ]

2011年2月4日19:18:55

動物病院には毎日のように飼主様から『お薬だけいただけないでしょうか?』というお問い合わせを頂きます。

継続治療を行っていたり、日頃飼主様としっかり動物の情報を共有できている場合などはできるだけ対応させて頂いています。

しかし本日のお問い合わせはさすがにつらいものでした。

去年の夏に来院されたときには低蛋白血症により腹水もたまり、浮腫も起こっていました。

蛋白喪失性腸症が強く疑われたのですが、調子が良くなると来院がなくなり、今日まで最後にお渡ししたお薬を調子が悪くなると少しずつ飲ませていたとのこと。

さすがにこういうケースでは診察なしにお薬はお渡しできません。

『動物の病気を理解して頂けないのは、僕の説明が悪かったのかぁ・・・』と反省します。

結局今回の飼主様は来院して頂けない様子で、毎年予防してもらっている市内を巡回している動物病院に問い合わせるということになってしまいました。


先日歯医者さんでのひとコマ。

僕が待合室で呼ばれるのを待っていると、おばあちゃんが『朝から何も食べれないほど痛いから痛み止めだけでも出して欲しい』と相談に来られていました。

その日はたまたま先生が忙しく診察が難しかったようで、『診察できないのでお薬が出せませんので、明日一番に来院してください』と受付の方が説明していました。

困った様子でしたが、『分かりました、明日よろしくお願いします。』と予約をして帰って行くおばあちゃんに驚きました。

本人が目の前にいるんだから1分でも診てあげるか、他の歯医者さんを紹介してあげればよいのに・・・と思いましたが、やっぱりヒトの医療は色々と決まりもあって大変なんだろうなぁと思ってしまいました。

僕は日頃動物病院は人の医療と違いある程度融通が効く存在でありたいなぁと考えているのですが、だんだんそれも難しくなりそうです・・・


この記事へのコメント (2)

豆柴   2011年2月5日 12:39:01

いかにもなことをブログで書かれてますが、実際には融通をきかせてないですよね。夜間もできる限り対応しますと言いながら、飼い主が明らかにいつもと様子が違うので看てほしいと思い電話をしても返ってくる言葉はいつも「いまお聞きした状態ですと緊急を要するものではないと思いますので、一晩様子を見てください」ばかり。診るつもりがないのなら簡単に「夜も診ます」とは言わないでほしいです。東京や大阪と違い夜間診療を謳っている動物病院は香川県内にはないので、頼るのはいつも診てもらっている病院しかないです。そこでそういう対応をされてしまうと飼い主としては他に手立てがありません。病状・症状をうまく伝えられない人もいるかもしれません。実際にすぐにでも診てもらわないと命にかかわるかもしれない場合でも、うまく伝えられないと「一晩様子をみてください」で済ますのでしょうか。今回は他の病院で対応してもらいましたが重症でした。命の大切さと飼い主の思いをもっと汲み取ってもらえない医師は本物の医師ではないと思います。「夜も診ます」と言っててもそういう対応しかしないのであれば二度と「夜も診ます」という言葉は言わないでもらいたいです。

院長   2011年2月5日 21:50:09

豆柴さん

夜間対応については翌朝の対応で間に合うと判断した場合はお家で一晩様子を見てもらっていますが、ご期待を裏切るような形になり申し訳ありませんでした。ただ、電話対応も十分出来ないケースもあります。今は出来るだけ対応しますとしか言えません。すみません。

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。