ホームページ

はすい動物病院

最近の記事

勉強会 (02/17)

PayPay始めました (02/15)

異物摂取 (02/10)

お知らせ (02/07)

丸亀国際ハーフマラソン (02/03)

記事テーマ

しつけ (2)

ココア&マロン&めめ (20)

日記 (926)

(19)

病気 (115)

病院 (605)

趣味 (66)

お知らせ (109)

お役立ち情報 (7)

設備紹介 (4)

バックナンバー

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

トキソプラズマ

[ テーマ: 病気 ]

2013年4月20日19:15:00

最近風疹が流行しているようで、
妊娠初期の妊婦さんが感染すると
胎児がウイルスに感染してしまう
先天性風疹症候群が問題となっています。

僕も接種していない世代なので調べてみると、
近くの小児科さんで接種可能とのことで、
近々年長の息子と一緒に注射を受けるかどうか検討中です。

昨日の四国新聞にも記事が載っていましたが、
良く似た問題がトキソプラズマという原虫でも起こります。

トキソプラズマはネコが終宿主でオーシストという卵のようなものを
排泄するため、妊娠された飼い主様から良く質問を受けます。

まず妊婦さんは産婦人科でトキソプラズマの抗体検査を受けます。

陽性の場合は、さらに詳しい検査で感染時期を推定します。
妊娠以前の場合は治療の必要はありませんが、
妊娠直前から妊娠中に感染した可能性がある場合は
治療を受けるようです。

陰性の場合(奥さんも第1子を妊娠した時の検査で陰性でした)は、
感染しないように気を付けなければいけません。

ここで猫を飼育していることが問題となります。

1か月以上飼育している猫が室内猫で
外に行かない子であればまず問題ありません。

というのは猫がオーシストを排泄するのは初感染のみで、
感染後3日から3週間程度とされています。

さらに排泄されたオーシストが感染源となるのに3日ほどかかるので、
毎日トイレを掃除していればまず問題ありません。

主な感染経路は生肉、生レバー、生ハムなどの食材や
ガーデニング、砂場などです。

とにかく猫の飼い主様が妊娠後の検査で抗体陰性であった場合、
・飼育している猫を外に出さない
・猫を保護したり、新たな猫の飼育はしばらく我慢する
・食品はちゃんと加熱する
・土や砂を触るときは手袋着用
など気を付ければ大丈夫です。

間違っても猫を手放すなどは考えないようにしてあげてください。

 


この記事へのコメント (0)

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。