ホームページ

はすい動物病院

最近の記事

6ヶ月 (10/27)

鬼滅 (10/26)

まんのう公園 (10/19)

まんのう公園 (10/16)

朝の時間・・ (10/14)

記事テーマ

しつけ (2)

マロン&めめ&リル (30)

日記 (945)

(19)

病気 (115)

病院 (612)

趣味 (72)

お知らせ (118)

お役立ち情報 (7)

設備紹介 (4)

バックナンバー

2020年 10月

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

脱肛

[ テーマ: 病気 ]

2014年7月31日08:13:51

お尻の肛門内側の粘膜が出てしまった状態を
脱肛『だっこう』と言います。

子犬や仔猫で下痢がひどい時などに起こりやすいです。

 

 

脱肛

 

 

 

 

 

 



 

写真は先日来院した仔猫の脱肛ですが、
かなりの時間が経過していて、ひどい状態でした。

しかも、兄妹とも同じ状態でした。

普通に圧迫しても戻す事が出来ないので、
少し麻酔をかけて、何とか苦労をして元に戻しました。

 

 

脱肛

 

 

 

 

 

 

 


このままだとすぐに元に戻ってしまうので、
かわいそうですが、肛門を縫合して閉鎖します。

 

 

脱肛

 

 

 

 

 

 

 


この後、何度か脱肛を繰り返したものの、
女の子はほぼ完治しましたが、
男の子は排便後たまに出てきてしまいます。

とくに仔犬や仔猫の飼い主様は、
お尻が赤くなっている場合は、
オリーブオイルなどを使って押し込んでみてください。

軽度な場合は比較的簡単に戻せると思います。

時間が経つにつれひどくなっていきますので、
元に戻せない場合は、
早めに動物病院に連れて来て上げて下さい。


この記事へのコメント (2)

石井淑子   2020年3月6日 08:51:58

猫の脱腸を押し込みましたが

今朝、飼い猫がトイレからなかなか出てこず?と思い側にいくとなにやらうったえていたので覗きこむと赤いものが見え、おしりをあげてみたところ2センチほどでていました。ワセリンとかなかったので使用してないリップクリームをビニール手袋につけて押し込みました。なんとか戻したのですが、痛みがあるのか?動こうとしません。やはり一度病院でみてもらった方が良いでしょうか?

院長   2020年3月6日 17:35:23

石井さん

体調が良くないのであれば早めに受診してあげてください。排便も確認できて体調が良いのであればとりあえず安心ですが、再度脱出する場合は、その様子を写真に撮っておいて、病院でみてもらった方が良いと思います。

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。