ホームページ

はすい動物病院

最近の記事

コキア (10/15)

6周年 (10/12)

仔猫 (10/02)

お別れ (09/26)

まちたんけん (09/22)

記事テーマ

しつけ (2)

マロン&めめ&リル (43)

日記 (972)

(19)

病気 (118)

病院 (637)

趣味 (73)

お知らせ (121)

お役立ち情報 (7)

設備紹介 (4)

バックナンバー

2021年 10月

2021年 09月

2021年 08月

2021年 07月

2021年 06月

2021年 05月

2021年 04月

2021年 03月

2021年 02月

2021年 01月

2020年 12月

2020年 11月

2020年 10月

2020年 09月

2020年 08月

2020年 07月

2020年 06月

2020年 05月

2020年 04月

2020年 03月

2020年 02月

2020年 01月

2019年 12月

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 11月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 06月

2017年 05月

2017年 04月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 10月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 10月

2013年 09月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

猫の帝王切開

[ テーマ: 病院 ]

2012年4月21日22:21:33

今夜は診察終了後に猫の帝王切開がありました。

犬に比べると猫の出産で帝王切開になることは珍しいのですが、今回は2頭妊娠し、1頭目を昨日の朝出産してから、2頭目が出てきてくれませんでした。

術前の超音波検査ではそれなりに心拍を確認できていたのですが、取り出してから呼吸をしてくれず、残念ながら助けてあげることができませんでした。

僕の仕事は赤ちゃんを取り出すことと、お母さんを無事麻酔から覚ますことなんですが、取り出した赤ちゃんを覚醒するのはスタッフや奥さんの仕事です。

今回の手術は母猫の命を救うことが第一、できれば赤ちゃんもという手術だったので、僕は仕方ないと割り切りながら手術を進めるのですが、奥さんは仔猫を救えなかったことにかなりショックを受けている様子でした。

1頭1頭の出産の間隔がすごく長いことが多いので、猫の帝王切開の判断は本当に難しいです。